© 2021 ORGO Inc.

宅トレには靴があると良い。メリットとおすすめ靴をプロが伝授

COLUMN LAST UPDATE : 2021.06.02

Writer
宅トレ永森
宅トレには靴があると良い。メリットとおすすめ靴をプロが伝授

「ジム用の靴はあっても、自宅用の靴はない」という人が実は少なくありません。

ですが転倒や怪我などのリスクを考えると、室内シューズも無しとは言い切れないのが事実。

そこでこの記事では宅トレで靴を履くメリット、おすすめの宅トレ靴について解説します。

くわえて、実際に宅トレライフで活躍するインストラクターの愛用シューズもご紹介。

自宅トレーニングを快適に行えるよう、あなたも早速宅トレシューズを探してみてください。

自宅筋トレで靴を履くメリット3つ

自宅筋トレで靴を履くメリット3つ

宅トレライフのインストラクター豊澤瞳さん

宅トレに適した靴を履くことで得られるメリットは下記の3つ。

  • 怪我の防止に繋がる
  • 宅トレのパフォーマンスが向上する
  • スイッチが入る

自宅で靴を履くことに抵抗がある方はぜひ参考にしてください。

メリット1. 怪我の防止に繋がる

裸足で自宅トレーニングした場合、足の裏や膝に負担がかかり体を痛めてしまうことがあります。

ですがその負担を和らげてくれるのが室内シューズ。

宅トレライター永森
ライター永森

例えばダンベルを扱う際、誤って足に落としたとしても靴を履いていれば大きな怪我に繋がる心配はありません。

せっかく始めた宅トレも怪我をすると台無しになってしまうため、自身の安全を守るためにも靴を履くといいでしょう。

メリット2. 宅トレのパフォーマンスが向上する

宅トレのパフォーマンスが向上する

宅トレで靴を履くと踏ん張りが効きやすくなります。

裸足でのトレーニングは足が固定されないぶん、力が分散され余計な力を入れなければなりません。

つまり室内シューズには正しいフォームでトレーニングを行うサポートの役割もあるということ。

鍛えたい部位を効果的に鍛えやすくなります。

宅トレライター永森
ライター永森

例えば腹筋をする場合。裸足では足が浮いてしまうのに、靴を履くと上体が起こしやすくなる、というのも靴のおかげです。

メリット3. スイッチが入る

あなたは普段、自宅で靴を履かないですよね?

ということは、靴を履く=トレーニングを始めるというスイッチが入りやすいということ。

お気に入りの靴を選べば前向きな気持ちでトレーニングでき、筋トレのモチベーションアップにも繋がります。

宅トレライター永森
ライター永森

宅トレは形から入るのもアリ。ウェア選びと同様、テンションの上がる一足を選べば筋トレするのが楽しみになるかもしれません。

宅トレにはフィットネスシューズがおすすめ

宅トレにはフィットネスシューズがおすすめ

結論からお伝えすると、宅トレには「万能タイプ」と呼ばれるフィットネスシューズがおすすめです。

理由は様々なトレーニングに対応できるようバランスが整っているから。

次項でもう少し詳しく見ていきましょう。

トレーニングシューズの種類

靴の種類 特徴
フィットネス用 筋トレ、有酸素運動、ダンスいづれのトレーニングにも適している。縦横どちらの動きにも強い
ウエイトトレーニング用 筋トレのみかつ、ダンベルなどの高重量を扱う。
踏ん張りが効くよう靴底が薄く平ら
ランニング用 クッション性が高く、膝や足への負担が少ない。
軽量で縦の動きに強い
ダンスエクササイズ用 エアロビクスやダンス向け。
足首を守るハイカット仕様で横の動きに強い

自宅とは言えど、トレーニングシューズには筋トレや有酸素運動、ダンスなど種類が幾つか分かれます。

監修者宮下
監修者宮下さん

ですがどんなトレーニングにも適しているのがフィットネスシューズです。

トレーニング初心者には特におすすめしたい一足。

監修者宮下
監修者宮下さん

ちなみに僕は、リーボックのSOLE FURYとLifter PR、アディダスのNMDシリーズや、GUのニットスニーカーを履いています。

宅トレに慣れてきたらそれぞれのトレーニングに適した靴を揃えて、トレーニングごとで靴を履き分けるのも良いでしょう。

フィットネスシューズの選び方

フィットネスシューズの選び方

「フィットネスシューズが良いと言われても、具体的にどう選んで良いか分からない」という人に向け、ここでは失敗しないフィットネスシューズの選び方を解説します。

選び方1. ハイカット or ローカットで選ぶ

監修者宮下
監修者宮下さん

トレーニングマットの上では靴を脱ぐ場合が多いため、ハイカットよりローカットのほうが脱ぎやすくておすすめです。

床でのトレーニングからトレーニングマット上でのトレーニングに移る際、ハイカットの靴だと靴紐を緩めないと脱げません。

その点ローカットなら靴紐を緩めやすく、場合によってはそのまま脱ぐことも可能。

靴の脱ぎ履きの手間や次のトレーニングにスムーズに移ることを考えると、宅トレでのフィットネスシューズ選びはローカットの靴がおすすめです。

選び方2. 自宅の床を汚さないよう靴底で選ぶ

監修者宮下
監修者宮下さん

靴底が黒いと場合によっては床に色移りしてしまうため、靴底が何色なのかも見てください。

宮下さんがおすすめするのは、靴底が白い靴。賃貸住まいの方は特に、床への配慮が必要です。

選び方3. クッション性、通気性、グリップ力で選ぶ

靴の機能性 特徴
クッション性 クッション性があると膝や足への負担が少ない。
靴底が厚い程クッション性が高い。ただし厚すぎると動きにくい
通気性 風を通すメッシュ素材の靴は蒸れにくい。
自宅で靴を保管する際、匂い対策として必要な機能性
グリップ力 靴底の素材がゴム製またはデコボコしているもの。
グリップ力が高いと滑りにくく、怪我防止にも繋がる

靴選びの際、上記3つの機能は押さえておきたいところ。

この点、フィットネスシューズにはクッション性があり通気性も良く、グリップ力が備わっている靴が多いです。

ぜひ参考に。インストラクターが実際に使う宅トレ靴

ここからは宅トレライフのインストラクターが実際に履いているフィットネスシューズをご紹介します。

「どんな靴を選ぼうか悩む……」と悩むあなたはぜひ、インストラクター愛用シューズを参考にしてください。

宅トレライフインストラクター豊澤瞳さんの愛用シューズ

豊澤瞳さん|おすすめの靴

出典:Amazon

豊澤 瞳さん

New Balance「FuelCell PRISM」
サロモン「SENSE PRO3」をランニングシューズとして愛用しています。

商品名 選んだ理由
New Balance

「FuelCell PRISM」

足が疲れてもテンポ良く走れるから
サロモン

「SENSE PRO3」

うっすら雪が降っていたり、雨で路面が濡れていても安心して走れるから

豊澤さんが愛用するシューズは宅トレ以外に、外でランニングをしたい方にもおすすめです。

宅トレライフインストラクター伊藤沙菜さんの愛用シューズ

伊藤沙菜さん|おすすめの靴

出典:楽天

伊藤 沙菜さん

アンダーアーマー「UAチャージド パスート2」
UGG「ZILO」をトレーニングシューズとして愛用しています。

商品名 選んだ理由
アンダーアーマー

「UAチャージド パスート2」

トレーナー仲間に勧められたから
UGG

「ZILO」

宅トレ以外にウォーキングや普段履きとしても履けるから

伊藤さんの愛用シューズは、明るい色を好む方や普段履きも兼ねる靴を探している方におすすめ。

宅トレライフインストラクターHitomiさんの愛用シューズ

Hitomiさん|おすすめの靴

出典:楽天

Hitomiさん

NIKE「エアズームペガサス」をランニングシューズとして愛用しています。

商品名 選んだ理由
NIKE

「エアズームペガサス」

クッション性があり足にフィットするから

Hitomiさんの愛用シューズは、室内でランニングマシンを使う人、有酸素運動をしたいに人におすすめです。

宅トレには靴があると良いまとめ

宅トレで靴を履くと、激しいトレーニングや地面に足をつけて力を使うようなトレーニングも安全に続けられます。

自宅で靴を履くことに抵抗がある方も、ぜひ一度この記事を参考に「靴ありトレーニング」を試してみてください。

ひょっとすると苦手だった筋トレメニューが、これまでよりもこなしやすくなるかもしれません。

最後に。

「靴が必要となればウェアも気になる……」というあなたへ、宅トレライフでは宅トレウェアの選び方、コーデのコツについてもまとめています。

こちらも合わせてご覧ください。