© 2021 ORGO Inc.

7秒スクワットで痩せ体質を作る。医師考案のやり方を動画で解説

MOVIE LAST UPDATE : 2021.06.14

時間
1.55
難易度
初級

このメニューについて

7秒スクワットは通常のスクワットを7秒かけて行うトレーニング。ゆっくり行うことで負荷がかかり、効果も高まります。

習慣化できれば太ももの引き締め、美尻作りにも役立つため、運動不足を解消したい、ゆるい筋トレを始めたいという女性におすすめです。

7秒スクワットの効果

効果のある部位

  • 大臀筋
  • 大腿四頭筋
  • ハムストリング
  • ヒラメ筋
  • 腓腹筋

効果

  • 太ももの引き締め
  • ヒップアップ効果

7秒スクワットのやり方

回数|5回×2セット。できる方は10回×2セット

  1. 脚を肩幅より広めに開き、つま先をVの字にする
  2. 腕を前に伸ばし、5秒かけて太ももと床が平行になるところまで腰を落とす
  3. その状態で2秒キープし、ゆっくり元に戻る

ポイント

  • 背中を丸めない
  • 膝が内側に入らないよう注意する
  • 膝をつま先より前に出さない

「7秒スクワット」に関するQ&A

Q. 7秒スクワットを毎日行っても問題ない?

監修者宮下
監修者宮下さん

特に大きな疲れを感じないのであれば、毎日続けても問題ありません。

初心者の方は先ず「月、水、金」と曜日を決めて、週3回から始めてみましょう。

Q. 7秒スクワットにダイエット効果はある?

監修者宮下
監修者宮下さん

7秒スクワットはダイエットに効果的です。使う筋肉が多いため消費カロリーも多くなります。

またダイエット効果の他に、代謝アップにも期待できます。

7秒スクワットを5回もやれば、体がポカポカする感覚を得られるはず。できる方は10回行い、習慣化することで代謝アップが見込めます。

Q. 太ももと床が平行になるまで腰を落とせません

監修者宮下
監修者宮下さん

股関節まわりが硬くなっている可能性が高いです。

腰を思うように落とせない時は、お尻や太ももの裏、内ももの筋肉をストレッチして柔軟性を高めておきましょう。

インストラクター

豊澤瞳
豊澤瞳

★北海道千歳市出身。2018ミスユニバースジャパン日本大会3位入賞という経歴を持ち、人気サウナ番組『&sauna』の