© 2021 ORGO Inc.

ダンベルサイドベントで脇腹を集中強化!くびれ作りに効果的なやり方

MOVIE CREATE : 2021.06.22

難易度
初級

このメニューについて

ダンベルサイドベントはお腹の横側を刺激できる筋トレメニュー。

「くびれが欲しい」「ウエストをもう少しスッキリさせたい」という女性におすすめです。

動作自体は簡単なものの、腹斜筋に効かせるためには正しいフォームが必要不可欠。

初めてトライする方は特に、この動画を見てやり方をしっかり確認してください。

用意するもの

ダンベル

ダンベル

動画では3kgのダンベルを使っています

サイドベントの効果

効果のある部位

  • 腹斜筋

効果

  • くびれ作り

サイドベントのやり方

回数|15回×3セット

  1. 右手にダンベルを持ち、足を腰幅に開いたら左手は頭の後ろにそえる
  2. 上体を右側に倒す※左脇腹にストレッチを感じるまで
  3. 肋骨と骨盤を近づける意識で上体を戻す

ポイント

  • 背筋をまっすぐ伸ばしたまま上体を倒す
  • 足が床から離れないよう注意する
  • 上体を倒した反対側にある腹斜筋のストレッチを感じる

「サイドベント」に関するQ&A

Q. ダンベルを持っていない方向へ上体を倒した時の効果は?

監修者宮下
監修者宮下さん

サイドベントはダンベルを持っていない方向に上体を倒すよりも、ダンベルを持った方向に体を倒すほうが効果が高いです。

Q. 正しい呼吸方法を教えて欲しい

監修者宮下
監修者宮下さん
息を吸いながら身体を倒し、吐きながら戻します。

トレーニング中は呼吸を止めないよう意識しましょう。

Q. ダンベルを使わなくても効果はある?

監修者宮下
監修者宮下さん

ダンベルと使わないとなると負荷が非常に小さくなるため、やりやすい反面すぐに慣れてしまうでしょう。

ダンベルを使わない場合は手を万歳にして行ってください。そうすることで負荷が上がり、トレーニング効果も高くなります。

宅トレライター永森
ライター永森

ダンベルサイドベントがもし「やりにくい」と感じる場合は、チューブを使ってみてください。

チューブのほうが負荷を調整しやすいため、正しいフォームを身につけるまでの間はチューブを使い、慣れてきたらダンベルに持ち替えるのも一つの手です。

インストラクター

伊藤沙菜
伊藤沙菜

★北海道札幌市出身。元アップフロントエージェンシー所属、現在はフリータレントとして北海道を中心にテレビ、ラジオなどで活動中。